冬のチョコパイアイスのカロリーや、どこで売ってるかコンビニや販売店について♪

ロッテのチョコパイから毎年秋冬限定で販売される「冬のチョコパイ」

2020年は冬のチョコパイに初のアイスが登場します。

2020年10月19日新発売のロッテ冬のチョコパイアイス。

気になるカロリーや、どこのコンビニや販売店で売ってるか、値段などをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

冬のチョコパイアイスのカロリー

ロッテ冬のチョコパイアイスのカロリーや糖質がこちら。

カロリー242カロリー
たんぱく質3.3グラム
脂質15.0グラム
炭水化物23.5グラム
食塩相当量0.15グラム

いつものチョコパイが1個157キロカロリーなので、アイスが入っている分、カロリーはあがっています。

おなじロッテから販売中のガーナくちどけ生チョコアイスバーと比べると、カロリーは控えめ。

チョコレートコーティングされているアイスの中では、このカロリーは妥当かな、と自分に言い聞かせたい(;’∀’)

寒い季節になると、それだけでカロリー消費するから大丈夫!なんて思いながら、この時期はアイス食べてます(*´ω`*)

通販サイト見てても、寒い時期でも安定の人気ですね^^

スポンサーリンク

冬のチョコパイアイスどこで売ってる?コンビニや販売店はどこ?

わたしが購入した場所はローソンです。

近所のセブンイレブンでは発売日からチェックしていますが売っておらず。

スーパーのアイスコーナーを見ていますが、こちらもまだ並んでいません。

ただ、Twitter投稿を見てみると、ローソン以外のンビニでは、セブンイレブンとファミリーマートで売ってる情報を発見!

そのほか、スーパーのアイスコーナーで購入している人も。

冬のチョコパイアイスの種類別名称と原材料

アイスの味わいは、乳脂肪の量でかなり左右されます。

それと気になるのが、原材料に洋酒が入っていないかどうか。

子どもやお酒が弱い人が食べるのに不向きで、買えないですよね。

ロッテ冬のチョコパイアイスの種類別名称と原材料がこちら。

ロッテ
冬のチョコパイアイス
[種類別名称]
アイスミルク

[原材料]

  • 準チョコレート
  • 砂糖
  • 全卵
  • 小麦粉
  • 乳製品マーガリン
  • ショートニング
  • ココア
  • 植物油脂
  • チョコレート
  • カカオマス
  • 水あめ
  • 乳清たんぱく
  • 食塩

[添加物]

  • ソルビトール
  • 加工でん粉
  • 乳化剤(大豆由来)
  • 香料
  • 安定剤(増粘多糖類、セルロース、寒天)
  • 膨脹剤
  • pH調整剤

アイスミルクは[乳固形分10.0%以上うち乳脂肪分3.0%以上]というジャンルなので、ミルク感は感じつつもあっさりとした味わいです。

チョコが濃い分、アイスはあっさりしてバランスをとっているんですね^^

原材料表示を見ると、洋酒などの酒類は見当たらないので、子どもやお酒の弱い人でも食べれそうです(#^^#)

スポンサーリンク

冬のチョコパイアイスの値段

ロッテ冬のチョコパイアイスの値段がこちら。

メーカー希望小売価格 160円(税抜)

アイスは年々値段が上がってきているので、最近は160円でも高い感じがしないです。

10円のアイスが売っていたなんて、おぼえてる人いるかな~、あの頃にくらべるとアイスの値段は上がりましたが、その分、味は確実に進化しています!

毎日3食食べるわけではないので、アイスを食べるときには、おいしいアイスを選びたいですね^^

以上、ロッテから新発売の冬のチョコパイアイスについてでした(*´▽`*)

アイスはほんと、生活の潤い♪

福袋まで出ちゃうくらい、日ごろ頑張ってるご褒美にはピッタリ。

寒い時期でも楽しみたいです(*´ω`*)

タイトルとURLをコピーしました