レジ袋有料化対象外の無料配布できる袋とは?どんなレジ袋が対象外かをまとめまてご紹介します。

2020年7月1日からはじまる
レジ袋有料化

コンビニはもちろん、
アパレルショップに、書店、
調剤薬局などなど、
手提げのプラスチック製のレジ物袋が
有料化になります。

ただ、ケンタッキーや吉野家、
すき屋にセイコーマートと、
有料化後もレジ袋を無料配布する
お店もあります

レジ袋有料化でも無料配布できるのは
なぜ
でしょうか?

レジ袋有料化対象外のレジ袋について
まとめたのでご紹介します。

あわせて、有料化対象外のレジ袋を
無料配布したときの罰則の有無についても
ご紹介します。

スポンサーリンク

レジ袋有料化の対象外になる無料配布できるレジ袋の条件とは

商品購入時のレジ袋は
原則有料化ですが、
対象外となるレジ袋があります。

対象外のレジ袋の条件は

  • 温暖化対策に寄与する地球にやさしい素材のレジ袋
  • 微生物によって海洋で分解され地球にやさしい素材のレジ袋
  • 繰り返し使えて地球にやさしい素材のレジ袋

そして、

  • 有料化対象外の条件を満たしていることがレジ袋1枚1枚に表示されていること

対象外となる条件を
もう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

有料化対象外のレジ袋 バイオマス素材を25%以上配合したレジ袋

温暖化対策に寄与する地球にやさしい素材

とは、

バイオマス素材の配合量が25%以上

のレジ袋をさします。

バイオマス素材25%以上配合であると、
レジ袋1枚1枚に表示されていることも
必須です。

飲食店のテイクアウトやコンビニで
無料配布されるレジ袋は、ほぼ
このバイオマス素材のレジ袋です。

たとえば、↓↓↓こちらのレジ袋
バイオマス素材25%配合です。

レジ袋に、
バイオマスプラマーク(BPマーク)や
バイオマスマークがついていることが
一つの目安になります。

バイオマスプラマークであれば、
レジ袋に「BP25バイオマスプラ」
と表示があれば、バイオマス素材を
25%使用のレジ袋ということです。

有料化対象外のレジ袋 海洋生分解性プラスチック100%配合のレジ袋

微生物によって海洋で分解され地球にやさしい素材

とは

海洋生分解性プラスチックの配合率が100%

のレジ袋をさします。

海洋生分解性プラスチックの配合率が
100%であることが、レジ袋1枚1枚に
表示されていることも必須です。

微生物によって最終的には
水と二酸化炭素に分解される
生分解性プラスチックを100%
使用していることが条件です。

ただ、生分解性プラスチックのレジ袋は、
温度や湿度が高いと、
プラスチックの分解が促進されるので、
使い勝手の面ではいまひとつです。

まだまだ生産量も少なく手に入りにくい、
商品自体の種類が少ない、
という面もあります

スポンサーリンク

有料化対象外のレジ袋 プラスチックの厚さが50マイクロメートル以上のレジ袋

繰り返し使えて地球にやさしい素材

とは

プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上

のレジ袋をさします。

袋の厚みが
50マイクロメートル以上であることが
レジ袋1枚1枚に表示されていることも
必須です。

たとえば、↓↓↓こちらのレジ袋
袋の厚みが50マイクロメート以上の
レジ袋です。

ただ、レジ袋の単価自体が高めなので
実際には無料配布につかうお店は
限られそうです。

レジ袋有料化対象外のレジ袋を無料配布に罰則はあるのか?

有料化対象外のレジ袋を
無料配布することに、罰則はありません

ただし、レジ袋1枚1枚に
有料化対象外条件をクリアしていることの
表示が必要です。

素材自体は条件をクリアしていても、
袋に表示がなければダメ

ということは覚えておきましょう。

罰則はありませんが、
できるだけプラスチック製レジ袋の
使用を減らそう、という趣旨ではじまる
レジ袋有料化であることは、
忘れないでおきましょう。

以上、レジ袋有料化が開始しても無料配布できるレジ袋についてでした。

タイトルとURLをコピーしました